• トップ
  • └パーツ8400
  • GHP コンパクトリアクター油圧オートパイロット 大型油圧ステアリング用

GHP コンパクトリアクター油圧オートパイロット 大型油圧ステアリング用

商品コード : 010-00705-65
希望小売価格 : 700,000
価格 : 700,000円( 税込756,000円)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

このショップはGARMIN MARINEディーラー専用です。一般の方は購入できません。GARMIN MARINE製品をお求めの場合は左の マリン製品代理店リスト の店舗よりご購入ください


G-FISHING GARMIN MARINE製品 サポート 商品に関するよくある質問や販売代理店の実績、
商品の組み合わせによるシステム紹介を配信しています。

G-FISHINGサポート内の検索

GARMIN 正規ディーラー顧客限定 認証アイテム プレゼントキャンペーン


正規ディーラー顧客限定の特典〜GARMIN公式アイテムプレゼント〜

【ご確認ください】株式会社ワイズギア取扱GARMIN製品はG-Fishing販売《Connected GARMIN 》ではありません。


お客様の機器が正規輸入品GARMIN MARINE機器でConnected GARMINとしてサービスを受けられるかどうかは以下リンクより確認できます。

正規輸入品GARMIN MARINE機器 Connected GARMIN判定


  • 適合基準

    油圧操舵装置で ヘルムポンプ油量164CC-400CC
    ヘルムポンプ油量=吐出量X回転数
    例:吐出量23CC X ステアリング回転数7.8=23X7.8=179.4
     

    GARMINが提供する最高オートパイロット

  • ソリッドステート9軸AHRS搭載
  • 方位誤差、コース偏差、方向舵運動、およびより快適な乗り心地でのクルージングか可能です
  • コミッショニングとキャリブレーションの最小化
  • コンパクトでブラシレスなSmartPumpが、ほとんどの液圧ステアリングボートアプリケーションに適合
  • 特許取得済みのShadow Drive™技術により、自動操縦が行われている場合でも制御できます
  • ネットワークデバイスに接続

    油圧式操舵ボート用のSmartPumpを搭載したGHP Reactorオートパイロットは、最大3個のGHC™ヘルムコントロールユニットを使用して運転されます。GHCは、NMEA2000®ネットワーク経由でオートパイロットシステムと通信するため、オートパイロットヘッディングデータを他のデバイスと簡単に共有できます。これにより、Garminチャートプロッタに接続したときにMARPAとチャートオーバーレイが有効になります。オプションのハンドヘルドワイヤレスリモコンも利用できます。しかし、最高レベルの利便性のために、ANT +®ワイヤレス技術を搭載した世界で初めての海洋GPSナビゲーションウォッチであるquatix®を使用してGHCを制御してください
     

    より高性能にする場合

    オプションのGRF™10ラダーフィードバックセンサーを追加すると、GHP Reactorオートパイロットの性能をSmartPumpでさらに高めることができます。

    ガーミンは先進的な船舶技術を商用ボートに提供しています。GHP Reactorオートパイロットシリーズは、これまでに提供してきたオートパイロットシステムの中で最も応答性の高いものです。大型で高信頼性のブラシレスSmartPumpと組み合わせると、究極の油圧自動操縦性能を体験できます。
     

    ソリッドステート9軸姿勢ヘディングシステム

    高度なソリッドステートの9軸ソリッドステートの9軸AHRS(Attitude Heading Reference System)を使用することで、GHP Reactorをあらゆる方向でどこにでも搭載することができます。さらに、この新しいシステムにより、機首方位誤差、コース偏差、舵の動き、および消費電力を大幅に最小限に抑えながら、すべての機内で快適な乗車が可能になります。
     

    ローリング ピッチングに反応する

    このオートパイロットは実際にコースを保持するためにローリング ピッチングに反応します。ボートが傾いているときでも、GHP Reactorのオートパイロットがあなたの望むコース保持することができます。
     

    最小限の試運転と較正

    すべてのオートパイロットは試運転とキャリブレーションが必要です。このプロセスをできるだけ迅速かつ簡単に行います。
     

    Garmin Chartplottersとの完全な統合

    あなたは、チャートプロッタのディスプレイからGHP Reactorを完全に制御できます。互換性のあるガーミンのネットワーク化されたチャートプロッタとBlueChart®g2Vision®のチャートを組み合わせることで、自動的にGPS経路を操縦する自動ガイダンスなどのオプション機能を楽しむことができます。
     

    One Pump Solutionを体験してください

    SmartPumpを搭載したGHP Reactorは、特定のボートでどのポンプのサイズが適切かを推測する必要がありません。1つのSmartPumpはほとんどのボートで動作します。優れた熱性能、高い信頼性、低い消費電力で、より小さなサイズで完全な制御を実現します。また、インストールを非常に簡単にする色分けされたコネクタも含まれています。
     

    最大流量を制限する

    SmartPumpを搭載したGHP Reactorは、最大流量を自動的に0〜2.4 L /分に調整します。SmartPumpを備えたGHP Reactorはブラシレスモーターを使用しているため、駆動回路とローターの間に直接電気的接続はありません。これにより、信頼性の向上、ポンプ寿命の延長、消費電力の削減、静音動作、パッケージの小型化、熱性能の向上、効率の向上を実現します。
     

    ラダーの危険を排除 "ハードオーバー"

    SmartPumpを備えたGHP Reactorは、完全自動操縦装置パッケージです。SmartPumpは、1つのアセンブリ内にポンプを備えたモーター駆動回路で構成された1つの統合ユニットです。インテリジェント・ラダー・レート・テクノロジー(IRRT)を装備しており、船が高速である場合には舵速度を実際に減速させ、船舶が低速である場合には舵速度を加速してあらゆる条件において最適な性能および安全性を提供します。ブラシレスモータードライブは、ハードウェアやソフトウェアの故障のために舵が暴走するリスクを排除します。
     

    より永続的なシステム

    ボートの環境は厳しく特に海水は大敵です。Garmin SmartPumpは陽極処理されたアルミニウムおよびニッケルメッキされた鋼製部品を含む耐腐食性の部品から設計されています。
     

    経験豊かなオートパイロット技術

    あなたのボートに搭載されたSmartPumpとGHP Reactorはボートのどこにいてもコントロールすることができます。すべての天候および風の状態でそのコースを保持することに加えて、システムは様々な予めプログラムされたトローリングコースを円滑に実行することができます。さらに、互換性のあるGarminネットワーク化チャートプロッタとBlueChart g2 Visionチャート(別売)を使用すると、GPSガイダンスで自動的に操縦する自動ガイダンスなどのオプション機能を利用できます。
     

    シャドードライブテクノロジーで制御を続ける

    SmartPumpを搭載したGHP Reactorは、特許取得済みのShadow Drive技術を採用しています。これにより、オートパイロットが作動しているときでも、ステアリングを切って手動制御を維持することができるというセキュリティが得られます。ステアリングが回されている場合、シャドウドライブシステムは自動的に自動操縦を解除し、ボートを操縦する自由を与えます。安定したコースを保持すると、自動操縦は自動的に再開します。

    SmartPumpの仕様

  • 寸法(H×W×D):7 3/4インチ×7 1/2インチ×9 5/8インチ(197mm×190mm×244mm)
  • 重量:7.5kg(16.5ポンド)
  • 温度範囲:-5°F〜131°F(-15°C〜55°C)
  • 材質:エレクトロニクスコントロールユニット(ECU) - 完全にガスケット付きのアルミニウム合金。ブラケット - 炭素鋼; マニホールド - アルミニウム合金; モーター - アルミニウム合金
  • 電源ケーブルの長さ:2.7m(9フィート)
  • 電源入力:11.5-30 Vdc
  • CCUの仕様

  • 寸法:3 19/32 "直径(91.4 mm)
  • 重量:5.6オンス(159g)
  • 温度範囲:-5°F〜131°F(-15°C〜55°C)
  • ケース材質:IEC 529 IPX7規格に完全防水、高衝撃性プラスチック、防水
  • CCUケーブルの長さ:9.5フィート(3 m)
  • NMEA 2000電源入力:9-16V
  • NMEA 2000 LEN:3(150 mA)
  • GHC 20の仕様

    ブザー/アラーム仕様

  • 寸法(L×直径):29/32 "×1.0"(23mm×25mm)
  • 重量:2.4オンス(68 g)
  • 温度範囲:5°F〜131°F(-15°C〜55°C)
  • ケーブルの長さ:10フィート(3.0 m)
  • ヒューズ:40 A、ブレードタイプ
  • 主電源の使用:スタンバイ - 1A未満; 約束事 - 5-10 A; ピーク - 34A
  • 流速:毎分0〜2.4Lに設定可能
  • ヘルムポンプ油量164CC-400CCのステアリングシリンダサイズに対応。
    • 設置の注意

      ■電源
      ECU供給電源は12-24V 動作: 10V to 30V
      クランキングバッテリーよりとってください
      ECUは40Aのヒューズが接続しています。最大消費電力は34Aです。常時10A使用します。延長は20Aの容量のケーブルを使用してください
      CCU駆動にはNMEA2000ネットワークが必要です。
      NMEA2000ネットワークにも12V1A電源を供給してください

      ■スイッチ
      ECU電源に40Aブレーカーを設置してください
      NMEA2000ネットワーク電源スイッチを設置してください

      ■ECU CCU設置
      ポンプをコントロールするECUはポンプの50cm以内に設置してください。
      水平垂直加速度ヘディング情報を供給するCCUは磁気の影響を受けない場所に水平設置してください

      ■油圧ケーブル
      ケーブルはPT1/4で接続します。
      通常閉じているヘルムポンプのリターンも使用します。
      モーターポンプにはポート/スタボード/リターンの油圧ケーブルをヘルムポンプとシリンダーの間に接続済ます。

      ポンプとシリンダーの間にシャットオフバルブをポート/スタボード/リターンに設置します。

このシステムは自動運転中にマニュアル操作しても自動復帰するシャドウドライブが使えます(このキットにはシャドウドライブは含まれません)
システムはNmea2000でECHOMAP CHIRP/GPSMAPと接続可能です

この自動操縦は、実際にコースを保持するために海の状況に高速で反応します。ボートはピッチングとローリングしている場合でも、GHPコンパクトリアクターの9軸ジャイロで高速計算であて舵を自動補正して自動操縦をご希望のコースに維持することができます。


NMEA2000®、ネットワークを介して自動操縦システムと通信します。ガーミンレーダーとGPSMAPとに接続されたとき、これはMARPAと地図のオーバーレイを可能にします。GHC20ディスプレイを追加した場合オプションの携帯型ワイヤレスリモートコントロール やQUATEX時計からの制御も可能です。

GHP Reactor™ Hydraulic Corepack with SmartPump

 

このパック+ECHOMAP CHIRP/GPSMAPだけでオートパイロットが可能になりま
 

■セット内容

  • GHPスマートポンプ
  • GHP炉CCU(コースコンピュータユニット)
  • GHC 20ヘルムコントロールディスプレイ
  • ECU(電子制御ユニット)電源ケーブル
  • 相互接続ケーブル
  • シャドウドライブ
  • ブザー
  • NMEA2000®ドロップケーブル(2メートル)
  • NMEA 2000電源ケーブル
  • NMEA 2000 Tコネクタ
  • 雌雄ターミネーター
  • ドキュメンテーション



  • シャドウドライブ

    GHC20ディスプレイ
    オートパイロットの状態を表示 操舵 停止が直接行えます
    GHC20を設置するとリモコンが使用可能になります。

  • 以下は別売りです。

    オートパイロット操作専用液晶付リモコン(別売)税別54000円
    ※このこのリモコンはGHC20ディスプレイと接続します。
    ディスプレイと接続しますので
    GHC20が無いと動作しません。

このページをSNSで共有しませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

GHP コンパクトリアクター油圧オートパイロット 大型油圧ステアリング用を愛用されている方、評価レビューを書いてみませんか?

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ