STRIKER 7sv + GT41-TM 12-pin GPS連動魚探・振動子セット

商品コード : sk7sv-gt41tm
製造元 : GARMIN.inc
希望小売価格 : 99,000
価格 : 99,000円( 税込106,920円)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

このショップはGARMIN MARINEディーラー専用です。一般の方は購入できません。GARMIN MARINE製品をお求めの場合は左の”マリン製品代理店リスト”の店舗よりご購入ください

G-FISHING GARMIN MARINE製品 サポート 商品に関するよくある質問や販売代理店の実績、
商品の組み合わせによるシステム紹介を配信しています。

G-FISHINGサポート内の検索

GARMIN 正規ディーラー顧客限定 認証アイテム プレゼントキャンペーン

正規ディーラー顧客限定の特典〜GARMIN公式アイテムプレゼント〜
 

7インチ DGPS連動CHIRPサイド/クリアビュー魚探 GT41-TM 12-pinセット


DGPS連動魚探とは魚群探知機単体で動作することはもちろん。ポイントをDGPS精度で記録できる魚群探知機です。連動という言葉があえて使われるのは地図表示機能を減らしてコストダウンを図り
DGPSを内蔵して釣果に直接影響する機能、魚探画像を巻き戻してポイントを記録するトラックバック機能・航跡・ポイント表示記録機能を搭載している新しいコンセプトのDGPS魚探です。

このSTRIKER 7svは初めてサイドビューを使用するサイドビュービギナーのために作られたモデルです
【サイドビューから始める魚群探知機歴】
初めて魚群探知機を買うならどんな性能が必須でしょうかという問いへの答えです。
 初めての魚群探知機を買う方にとってはなるべく安い価格のに抑えたいところでしょう。しかし、実際実用的なサイズ7インチです。特にサイドビューは横幅がないと映っているものが小さく表示されて言えて発見さえむづかしいので7インチはないと使用しにくいです。
GARMINは5インチサイドビューの低価格モデルを出すのではなく、7インチサイドビューを低価格で出すためにこだわりました。
STRIKER 7svは7インチサイドビューを最も低価格で提供できる機器です。サイドビューは通常魚探の2-30倍の探査面積が有りますので、ビギナーでも短時間でポイントサーチ把握が可能です。サイドビュー付きから魚群探知機を始めたら
圧倒的に早くポイント開拓が可能です。地図表示機能がないだけですから正確なポイント記録、スクロールバック記録はできますので。ポイントを記録しておいてから後から、ECHOMAPシリーズを買い足してポイント共有ケーブルで接続するとDGPS魚探システム記録していたポイントを地図表示できます。簡単にシステムとしてアップグレードできます。リールや竿よりも常時使うタックルの魚群探知機ですので、最初からサイドビューをご使用されることは良い釣果への近道です。

【初めてサイドビューを使用する方のために】
STRIKER 7svはすでに他社GPS魚探をお持ちの方にもおすすめです。
これまでサイドビューは値段が高い上に、その性能は海で使えませんでした。サイドビューの実用水深60-70mが実用水深でした。
STRIKER 7svはGT41-TM 12-pin使用で500Wx3=1500Wのハイパワーサイドビュー探査 200mの水深までサイドビュークリアビューが使用可能です。通常魚探ではHD-ID CHIRP50khzで550mにまで到達可能です。
サイドビューは持っていないけれどすでに地図表示機能がある他社GPSやGPS魚探をお持ちなかたはたくさんいらっしゃいます。
そんな方には、STRIKER 7svを購入すると手軽にサイドビューが追加できます。加えて、最新のCHIRP魚群探知機機能やスクロールバックポイント記録機能を追加できます。ポイントへ行くにはいまお使いのGPS魚探を使い新しいポイント開拓にはSTRIKER 7svを使うと今のシステムが飛躍的にアップグレードできます

【ECHOMAPシリーズがCHIRP サイドビューシステムへ】
 従来、拡張性の無いECHOMAPcvモデルに最新のサイドビュー魚探機能は追加できませんでした。
すでに、ECHOMAPシリーズをお持ちの方はサイドビュー機能は持っていないけれど地図表示ができています。

DGPS連動魚探STRIKER 7svはそんな方にのECHOMAPシリーズ魚探システムにサイドビュー機能を追加したり、最新のCHIRP魚群探知機機能やサイドビュースクロールバック自船の横のポイント記録機能を追加するDGPS連動魚群探知機です。
STRIKER 7svは魚群探知機単体として多彩な探査能力を持っています。
DOWN/SIDEVIEW/通常魚探 全てがCHIRP発信可能なCHIRP機になっています。
450m幅のサイドビュー・200m水深のクリアビュー・550mを超える海水での探査能力がすでにお持ちのGARMIN ECHOMAP機器と連動します。
NMEA0183経由でポイントデータ共有がECHOMAP/ECHOMAP CHIRP/STRIKERとできます。データ共有ケーブルで接続するとGARMIN機器に入力したポイントデータはSTRIKERに自動入力され、STRIKERに入力するとGARMIN機器に自動入力されます。

【ハイコストパフォーマンスの2ディスプレイシステム構築のために】
通い慣れたフィールドでは地図を見て航行することはありません。
広範囲に魚がいるエリアを探すしたり、魚がつくポイントを確認して選ぶことが重要です。
そうなるとエンジンで操船する場所にはサイドビューが最適です。サイドビュー300m幅の探査で見つけたポイントやベイトボールを記録、通りすぎても巻き戻して記録
そうして記録したポイントデータがデータ共有ケーブルを介してバウデッキの魚探ECHOMAP/ECHOMAP CHIRP/STRIKERシリーズに転送される
ポイントに近づいたら、エレキを おろして バウデッキの魚探のさっき記録されたポイントへ操船して遠距離から狙い撃ち

 

Garmin GPSはQZSS対応

GarminはMarine GPSとカーナビの両方を開発販売できる唯一のメーカーです。
Garminのカーナビは日本国内はもとよりアジア地域で使用されています。台湾で製造を行なっており、カーナビで使用されるQZSSへのハードソフト両面での対応はすでに行われて製品開発に反映されています。
Garmin Marine GPSはこうしたカーナビのテクノロジーと経験を使って設計されています。

Qzss GPS補完情報受信対応で測位可能時間率90%(GPSのみ)から99.8%に向上

準天頂衛星Qzssシステムは2018年度から4機体制で運用されます。これによりGPSの精度 利用可能性が大きく向上します。
準天頂衛星Qzssシステムは日本を中心としたアジアオセアニア地域で受けられるサービスのため、これを使用するための仕様変更が必要です。
Garmin Marine GPSは日本での使用を前提にした仕様変更がされており、Qzss GPS補完に対応しています。
準天頂衛星Qzss GPS補完情報を加えることによって見える時間率が一気に高くなります。実際に90〜100%見える青い部分が増えます。このように、GPSを補完し、測位可能時間率を向上させるのが、準天頂衛星の大きな目的の1つです。 


図:GPSのみ(左)と準天頂衛星を加えたとき(右)の4機以上から受信可能な時間率
(東京銀座地区3Dシミュレーション)

Jaxa ホームページより引用
「みちびき」によるGPS補完(*)で、どのくらい便利になるの?
 

Qzss GPS補強情報 L1S信号受信対応で測位精度(95%)は水平1m以内 垂直2m以内


Garmin Marine GPSはサブメータ級測位補強信号(L1S)を受信しています。
サブメータ級測位補強信号(L1S)にて、準天頂衛星システム(QZS)、およびGPSのL1C/A 信号を補強することにより、日本とその近傍で測位精度を向上させることができます。
準天頂衛星Qzssシステムが2018年度から4機体制で運用された後には、DGPS補正 軌道時刻予報(LTE) 災危通報を受信できその測位精度(95%)は水平1m以内 垂直2m以内に向上します。
 

チャープ  ソナー ダウンビュー サイドビュー 防水 NIMEA0813

本体スペック

  • 本体:横23.5×縦14.0×厚さ5.8cm
  • 画面:横15.2×縦9.1 対角12.7cm 800×480ドット WVGAディスプレイ

詳細スペック

  • 出力:500W(RMS)
  • 防水:IPX7
  • 振動子ポート:1
  • NMEA0183入出力ポート:1
  • 本体発射可能周波数:実際の発信は使用する振動子によって変わります。
    CHIRP クリアビュー /サイドビュー800/455/260khz
    CHIRP 高130-210KHZ 中95-155KHZ
    通常魚探 HD-ID CHIRP 200/77/50khz
  • GPS連動 
  • 日本語メニュー
  • ベイルマウント架台 ワンタッチ 着脱してディスプレイを持ち運び可能。
  • リアルタイムで表示するワカサギ釣り用のフラッシャー表示が可能。

同梱品

  • ベイルマウント架台
  • 電源/データケーブル
  • GT41-TM 12-pin
  • 4-pin→12-pin 振動子変換ケーブル
  • トランサム固定金具
  • トローリングモーター固定金具
  • 日本語マニュアル
  • 日本国内2年修理保証


特徴

GARMIN(ガーミン) GPS連動魚群探知機 STRIKERシリーズ

CHIRP魚探 ダウン/サイドビュー

 STRIKERは、より魚を見逃さない魚探です。STRIKERシリーズは一番安いモデルでも高感度1HZ DGPS内蔵しています。DGPS連動機能で魚探画像を巻き戻してポイント記録するスクロールバック機能は、見逃したウェイポイントを船を旋回することなく正確に簡単に記録できます。当然DGPSで魚を見つけたポイントへ正確にそして簡単に戻れます。
 STRIKER単体は白地図表示のみですが、他のechoMAP、echoMAP CHIRPのNEWPECやQUICKDRAW COUNTURESと言った詳細地図上にお気に入りのウェイポイントとルートを共有することができます。STRIKERとSTRIKERをデータ共有ケーブル接続してウェイポイントとルートのデータ共有が可能です。


体感 CHIRPの透明度

STRIKER ソナーログ 通常魚探STRIKER ソナーログ サイドビュー/ダウンビュー/通常魚探の画面3分割


STRIKER svには、従来の200/77 kHzの振動子よりも魚やストラクチャーがクリアに詳細に、より高いレベルで見えるGARMIN 次世代HI-WIDE CHIRP振動子GT52HW-TMが含まれています。
 従来の単一周波数を断続発信するパルス魚探に対し、CHIRP発振回路は周波数を低周波から高周波へと連続スイープ可変して連続波を発射します。

 更に、GARMINはCHIRPテクノロジーを更に進化させたHI-WIDE CHIRP技術を投入しました。これまでのHI-CHIRPで210-130khzだった周波数可変域を HI-WIDE CHIRPでは240-150KHZへと拡大強化、その結果、より強力な目標分離と鮮明な魚のアーチを表現することができます。
 また、高性能ガーミンCHIRP技術 HI-WIDE CHIRPを使用することで、より深い深度の測深能力を得ると共に、浅い水深では一匹一匹を確実に分離し高解像度で鮮明なソナーへとアップグレードすることができました。ボトムの輪郭はより高速でも、より詳細に表示され、ノイズ大幅に軽減されています。
 

スキャニングソナー最高レベルの解像度

STRIKER ソナーログ サイドビュー

 GARMIN ClearVüスキャンソナーは、あなたのボート直下 水深200mまでを通過するもの全てを写真画像で暴き出します。
 GARMIN SideVüスキャンソナーは、あなたのボートの両側 幅400mまでにあるもの全てを鮮明でクリアな視界で映し出します。誰でも明確に簡単にストラクチャーや水没物 漁礁を見つけることができ、ポイントを通り過ぎた後から魚探画像を巻き戻し、カーソル指定してポイントをDGPSの精度で記録できます。HI-WIDE CHIRP通常魚探とClearVüとSideVüスキャンソナーは、1つに統合された振動子GT41-TM 12-pinで発信します。


内蔵高感度1HZ DGPSで記録する

STRIKER DGPSで位置情報を確認

 通常の魚群探知機とは異なり、STRIKERには高感度1HZ DGPSが内蔵され、どこに行く時もどこにいても高感度DGPSはあなたの位置を迅速かつ正確に特定します。
 釣りで重要なことは同じ場所へ戻れる再現性です。STRIKERには、DGPSが内蔵されているので、後で同じ位置へ戻れるように、魚が釣れたスポットをマークすることができます。また、母港や危険箇所の場所をマークすることができます。
 記録したポイント戻るには、画面上で作成した航跡やルートに沿って戻る事ができます。


ウェイポイント地図で簡単ナビゲート

STRIKER ウェイポイントでナビ

 STRIKERシリーズは、高感度DGPSが内蔵されているので、あなたがマークしたウェイポイントと自分の位置を確認することができます。直感的にわかるアイコンで 漁礁、切り株、ボートドック等の場所を表現できるウェイポイントマップが使用できます。高感度DGPSは無事に母港に帰るための素晴らしいツールです。


画面上で対地速度をチェック

 STRIKERの画面上で迅速かつ簡単にあなたのボートの対地速度を見ることができます。対地速度はあなたが使用しているルアーにとって正しい速度でトローリングされているかどうかを確認するのに最適なツールです。また、対地速度によって速度管理区域内で正しい速度で航行しているか確かめる事ができます。


特徴の総括

  • ダウン/サイドビュー/通常魚探も最大500WでCHIRP発信 スキャニングソナー魚探
  • 7インチのカラー魚群探知機、地図表示はできませんが高感度1HZ DGPS内蔵で地図表示可能なECHOMAPシリーズと連動。
  • 見逃したポイント、自船の横にあるポイントも魚探画像を巻き戻して→カーソルで特定→記録 スクロールバック機能
  • 振動子GT52HW-TMを同梱。通常魚探をHI-WIDE CHIRP(250W)でダウン/サイドビュー(500W)をCHIRP発信。
  • データ共有ケーブル接続で他のSTRIKERやechoMAP、echoMAP CHIRPの地図画面上にウェイポイントとルートのデータ共有が可能です。
  • スムーズスケーリング技術により、深度の拡大縮小変更の際、ソナー画像の途切れない滑らかな表示を可能としています。
  • 鮮明な写真画質のサイドビューCHIRPソナーは GT52HW使用で両側300mクリアビューは水深150m探査能力を持ちます。
  • 単なる魚群探知機と違い、STRIKERには1HZ高感度DGPSが内蔵され、GARMINハンディーGPSなどの地図の表示出来る端末と連動することが可能です。
  • DGPS内臓なのでSTRIKERは画面上でボートの速度を確認でき、トローリングに最適です。
  • STRIKER フラッシャー表示画面ワカサギなどの氷上穴釣りで最適なフラッシャー表示が可能。水質の状態やジグ/餌の深さ、魚の深さ、ジグを動かすとターゲットがどう動いているかをリアルタイムで確認できます。
  • ポータブルキット[別売]はSTRIKERを、保護しながら運べ、カヤック、カヌーや氷上穴釣りに最適です。ポータブルキットは密封性があり、充電器と再充電可能なバッテリー、振動子ケーブルの保管や吸盤振動子マウントと発砲フロートが同梱されています。

echoMAP CHIRP svとechoMAP svとSTRIKER 7svの違い

機種別の機能比較 STRIKER 7sv echoMAP CHIRP sv echoMAP sv
SV回路 CHIRPサイドビュー CHIRPサイドビュー HD-IDサイドビュー
通常魚探 CHIRP CHIRP HD-ID
レーダー × × ×
マルチディスプレイ × × ×
WI-FI × × ×
NMEA2000 × ×
イーサネット × PANOPTIXのみ接続可 ×
Quickdraw Contours × プリインストール バージョンアップで〇
GPS機能 1Hz ソナーログ× 5Hz ソナーログ○ 5Hz ソナーログ〇
GPS地図表示 ポイントのみ地図表示×
ポイントデータ共有 echoMAP/echoMAP CHIRP/STRIKERで共有可能
STRIKER 7sv 機能詳細説明 システム例 FAQ 実証テスト

■GARMINはCHIRP2周波数自由周波数設定が可能

GARMIN魚群探知機の大きな特徴にCHIRP振動子を自社で製造している点が挙げられます

GARMINは最も早くCHIRP魚探回路を民生品として開発したメーカーの一つで

2013年世界に先駆けてSIDE VU/DOWN VUをCHIRP化しました。

CHIRPによる高出力化でSIDE VU/DOWN VUを使った180mを超える水深でも写真画質探査が可能になりました。

そして2016年はすべての機種はCHIRP発信通常魚探回路を搭載しています。

これによりCHIRP通常魚探振動子を使用した時にGARMIN魚探ではCHIRP2周波数自由周波数設定が可能になりました

2016年から多くのGARMIN社製CHIRP振動子がランナップされました

HIWIDE CHIRP

従来のHiCHIRP高周波ではシラスさえも映る高解像度が可能ですがビーム幅が10°以下になり船のすぐ横の魚群も映らないというデメリットがありました。

このデメリットをおぎなえる高周波CHIRPとして高周波でありながら広域(WIDE)16−24°探査ができるように新設計された振動子の規格がHIWIDE CHIRPです

 GARMIN通常魚探でHIWIDE CHIRP使用した場合、150-240khzの間を周波数可変させるので

この中から任意の周波数を6種類作り出しプリセットして魚探左右画面に別々の周波数を表示できるCHIRP2周波数自由周波数設定が可能です

シラスを探知するときに240khzと200khzを表示させるとシラスは240khzでは写り200khzでは反応が弱くなります。

より小さな個体は高周波数で写り、周波数が下がると写りにくくなるという音響特性を利用した探査探知が可能です

またバスフィッシングでは150khzでは湖底の水深を計測して240khzではウイードのトップを水深として認識させてウイードの厚みを見極めることもできます

カジキ マグロ カツオ 青物ではより広く探査できることで魚群の多い少ないを判断できます

周波数が240-150khz迄可変できるので既存の魚探が200/50khでも干渉しない周波数設定を作って併用することができます

また船団の中でも干渉しない自分だけの周波数で快適な釣りをすることが可能です。

スクリーンショット 2016-08-30 12.25.57


GT8HW-IF 4-pin アイスフィッシング用振動子
GT8HW-TM 8-pin トランサムマウント振動子
GT52HW-TM 12-pin トランサムマウント振動子
GT22HW-TM 8-pin トランサムマウント振動子

MIDLE CHIRP

MIDLE CHIRP は漁師に最も要望されるCHIRPです。

80-150khzという周波数で最も期待されるのがイカの探査です。特に80−90khzはアナログ通常魚探でイカを映す事ができる最低の周波数とされて多くの漁師に愛用されています

(GARMIN CHIRP魚群探知機ではCHIRP振動子B175L 38KHZでもイカの探知を可能にしています 現代のCHIRPテクノロジーでは低い周波数でもイカは写ります)

また。150khzは200khzよりも強い反射を得られることから200khzでは映りにくいタチウオで非常の効果的です

中深海のアカムツ キンメが生息する400mは十分カバーできる即深能力を持ちます。

 GARMIN通常魚探でMIDLE CHIRP使用した場合、80-150khzの間を周波数可変させるので

この中から任意の周波数を6種類作り出しプリセットして魚探左右画面に別々の周波数を表示できるCHIRP2周波数自由周波数設定が可能です

イカをたくさん釣るにはイカだけの群れを狙い撃ちすることが重要です。イカを探知するときに150khzと80khzを表示させるとイカは150khzではしっかり写り80khzでは反応が弱くなります。

イカを狙う鯖はどちらの周波数でも強い反応ででます。

浮袋がない個体は高周波数で写り、周波数が下がると写りにくくなるという音響特性を利用した探査探知が可能です

またバスフィッシングでは150khzでは湖底の水深を計測して80khzでは2時反射の厚みを見極めてハードボトムを的確に探査することもできます

カジキ マグロ カツオ 青物ではより広く探査できることで魚群の多い少ないを判断できます

周波数が80-150khz迄可変できるので既存の魚探が200/50khでも干渉しない周波数設定を作って併用することができます

また船団の中でも干渉しない自分だけの周波数で快適な釣りをすることが可能です。

GT23M-TH 8-pin スルーハルマウント振動子
GT51M-TM 12-pin トランサムマウント振動子
GARMIN GT15M-IH ミドルレンジCHIRP 600Wインハル設置振動子

CHIRP振動子でできる2周波数表示

GT52HW/GT51MのオールインワンCHIRP振動子はECHOMAP CHIRP SVとGPSMAPで使用できます

B265LH/B265LM 1KW 2CH CHIRP振動子はGPSMAPで使用できます

B175L/B175M/B175HW 1KW CHIRP振動子はAQUAMAPとGPSMAPで使用できます

そして

GT8/15/22/23のCHIRP振動子は一番安い19900円税抜きSTRIKER 4 GPS連動魚探から使用できます
 

なんとこの税抜で2万円を切るモデルでもCHIRP振動子を使うと発振周波数が2周波数発信できますこのCHIRP振動子が使えることで魚探には大きな技術革新が起きています。

それも自由に6周波数設定記録して発信ができます

この機能はAQUAMAPにはVER4.0で実装予定

ECHOMAP CHIRP GPSMAP STRIKERには全モデルにすでに実装されています

周波数追加画面

2016-10-05 16.48.47

左右別々の発信周波数設定が可能

2016-10-05 16.51.58

実際に2画面表示

2016-10-05 16.52.16

A-スコープ表示も可能

ワカサギや 筏釣りで威力を発揮します

2016-10-05 16.55.33

2周波数別感度設定が可能

20160907_1012_00


互換性のある振動子

振動子ポートは4pinですが、変換ケーブルで8/12pinが接続可能です。

エレキ/トランサムマウント振動子

  • クリアビューCHIRP 500w/通常魚探HD-ID CHIRP 200/77khz 500w振動子
    GT20-TM 4-pin
  • クリアビューCHIRP 500w/通常魚探HD-ID CHIRP 200/50khz 600w振動子
    GT21-TM 4-pin

トランサムマウント振動子

  • クリアビューCHIRP 350w/通常魚探Hi-Wide-CHIRP 250w振動子
    GT22HW-TM 8-pin
  • クリアビューCHIRP 500w/通常魚探Mid-CHIRP 600w振動子
    GT23M-TM 8-pin
  • サイド/クリアビューCHIRP 500wx3振動子
    GT30-TM 12-pin
  • サイド/クリアビューCHIRP 500wx3/通常魚探HD-ID 200/50khz 600w振動子
    GT41-TM 12-pin
  • サイド/クリアビューCHIRP 350wx2/通常魚探Hi-Wide-CHIRP 250w振動子
    GT52HW-TM 12-pin
  • サイド/クリアビューCHIRP 500wx3/通常魚探Mid-CHIRP 600w振動子
    GT51-TM 12-pin

スルーハルマウント振動子

  • クリアビューCHIRP 500w/通常魚探Mid-CHIRP 600w振動子
    GT23M-TH 8-pin
  • サイド/クリアビューCHIRP 500wx3振動子
    GT30-TH 12-pin
  • サイド/クリアビューCHIRP 500wx3振動子
    GT30-THP 12-pin
  • サイド/クリアビューCHIRP 500wx3/通常魚探HD-ID 200/50khz 600w振動子
    GT41-TH 12-pin
  • サイド/クリアビューCHIRP 500wx3/通常魚探HD-ID 200/50khz 600w振動子
    GT41-THP 12-pin
  • サイド/クリアビューCHIRP 500wx3/通常魚探Mid-CHIRP 600w振動子
    GT51M-TH 12-pin
  • サイド/クリアビューCHIRP 500wx3/通常魚探Mid-CHIRP 600w振動子
    GT51M-THP 12-pin

インハル設置振動子

アイスフィッシング用振動子

使用できる振動子のピン数

Striker 4  ----- 4 pins
Striker 4cv ---- 4 pins
Striker 5cv ---- 4 pins
Striker 7cv ---- 4 pins

Striker 7sv ---- 12 pins

echoMAP CHIRP 45cv ---- 4 pins
echoMAP CHIRP 55cv ---- 4 pins

echoMAP CHIRP 75cv ---- 8 pins

echoMAP CHIRP 75sv ---- 12 pins
echoMAP CHIRP 95sv ---- 12 pins





 

このページをSNSで共有しませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

STRIKER 7sv + GT41-TM 12-pin GPS連動魚探・振動子セットを愛用されている方、評価レビューを書いてみませんか?

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ